忍者ブログ
プロフィール
HN:
ゼクティロス 
HP:
性別:
女性
趣味:
小説読み書き・絵描き
自己紹介:
基本は「ゼロ」と名乗ってます。
針子志望の学生です。
現在高音域に挑戦してます。(えっ)
悲鳴に近い声が響き渡ってます。(…)

一応物書きしております。
ジャンルはファンタジー中心。
よろしければご覧ください。


さぽている

月影少女レイリアです。

親ばか同盟
同盟参加させていただいてます!
参加報告は私か会長様まで♪
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[01/02 燕那]
[08/01 米舞]
[02/26 米舞]
[01/27 米舞]
[01/22 米舞]
フルみっくすプレーヤー
アルカナ
お手柔らかに・・・
バーコード
ブログ内検索
そしてボクらは夢という鳥籠の中…
[495]  [494]  [493]  [492]  [491]  [490]  [489]  [488]  [487]  [486]  [485]  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

少し前にUPしたイラスト、会話内容があります。
書こうと思ったのですが、携帯からは続き表記ができませんので…。
という事で続きに書きたいと思います。

いつもながら続きからどうぞ。

「姉さん…?」
「えへへ~、また失敗しちゃったかな~?」

溜息が静かに響いた…。


(このままでは姉さんが一生独身だ…)

ナナは本気で悩んでいた。
何故ここまで姉、マイは料理が駄目なのかを。
「…バリスさんにチョコレートケーキを作るんだったよね?」
「うん、綿菓子ケーキみたいになってるけどきっと美味しいよ♪」

ナナは目を細める。

マイが綿菓子ケーキと言った物体に。

どう見ても、いわゆる「よく見る失敗作なアレ」だった。
爆発したような、黒い塊、炭、絵で描けば、鉛筆でぐるぐる描けば簡単だ。
全身煤だらけでいかにも回りに花が飛んでる雰囲気なマイ。
どうやら少しは自信作のようだ…。

「味見した?」
「え!? あげる物食べちゃ駄目よナナちゃん!」
(それをあげるつもりだったのか!!!)

ナナは動揺するのを必死に押さえつけた…。
無理やり微笑んでも見せた。

「もう一度だけ作らない?」
「うーん、じゃあもう一回!」
「じゃあそれ味見しようか」


数分後、マイの悲鳴が聞こえた。






「…本当に、上達したのか?」
「僕はそう思うけど?」
現在、バリスはキッチンにいた。
横にはナナ、目の前にはニコニコのマイ。

その手には、黒い「アレ」。
若干変わったといえば、丸いアラザンのような物がかかっている事だろうか。
多少、可愛く見える気がしないでもない。

しかし、食べられる気は全くしないバリスだった。

「ナナ! 騙しやがったな!!!」
「何のことかな? 姉さんの自信作を食べて欲しいって言っただけですけど?」
「ア・レの! 何処が自信作だよ!!!」

ビシッ!っと音が鳴るほどの腕の速さ。
その指先は、マイの通称綿菓子ケーキを指していた。
ナナはクスクスと笑う。
マイは首を傾げる。

「アレじゃ翼も食わないぞ!?」
「バリスさんが食べればいいですよ、姉さんも喜びます」

そう言うと、二人に背を向けて扉に手をかける。

「ちょっと待て! 何処行くんだよ!!」
「これも、全ては姉さんの為なんですよ」
「あれ? ナナちゃん何処行くの?」

右手を軽く振ると、出て行ってしまった。


恐る恐る、バリスはケーキに目を移す。
どれだけ見ても、食べられるようには見えなかった。
マイは頬を赤らめた。

「あのぉ~…バレンタインに作ったんですけどぉ~」

もじもじと言うマイ、その姿は可愛らしい。
そのせいか、食べられそうに無いものも食べられる気がしてくる。
あくまで、気がしただけだ。

「えーっと…、それ、味見した?」
「さっきのはナナちゃんが食べてくれたんですけど、倒れちゃって…」
(どおりで来た時顔色が悪かったわけだ…)

確かに、ナナの顔に微笑みは浮かんでいたものの、苦しそうだった…。
その時に断ればよかったのかもしれない。
しかし、僅かな期待も捨て切れなかったのだ。

溜息が静かに響いた…。

「やっぱり…これじゃあ食べられませんよね…」

マイがしょんぼりとうなだれてしまった。
やはり、失敗作という自覚はあるようだ。
あまりにもその姿が可哀想に見えたバリス。
どうしたものか…。

「いや、案外食えるかもしれないし…」
「無理しなくていいですよぉ~…」

傷口を広げたようだ…。
ますますどうしたものか…。

目に付いたのは、テーブルのフォーク。
さっきナナが食べたと言っていたから、そのフォークだろう。
思い切って、それを掴む。

ケーキを刺す、口に入れる。
半分無意識、半分必死。
マイは突然の事で呆然。

「あっ…」

マイの言葉を最後に、しばらく音が消えた。



「…意外に食える」

ぽつりとバリスは言った。




「わぁー! 完食です!」
マイが嬉しそうな姿を横目に無言のバリス。

(…どうするかな、味、美味かったわけじゃないんだよな)

普段が倒れるようなものを作っていたため、食べられただけでも奇跡。

「また作りますね♪」
「…え!?」


end



ん、グダグダですね(笑)
PR


この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret
この記事へのトラックバック

  この記事にトラックバックする:


←  後一週間    HOME    タイミング悪し…  →



Copyright (C) 白き焔と月影少女の詩 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog | Template by 紫翠

忍者ブログ | [PR]